はちみつの効能.com

<スポンサードリンク>

蜂蜜は赤ちゃんにいつからあげていいの?

蜂蜜は赤ちゃんにいつからあげていいのかという疑問に対する回答です。蜂蜜の安全性とからめて紹介したいと思います。

 

蜂蜜は赤ちゃんには有害なの?

蜂蜜の中には「ボツリヌス菌」といわれる菌が含まれている場合があります。全体の5%の蜂蜜からボツリヌス菌が発見されることがわかっています。

 

この菌は通常摂取しても体外に排出されるものなのですが、赤ちゃんが摂取すると体内で毒素を出し中毒症状を引き起こすことがあります。

 

そのため蜂蜜の容器のラベルを見てみると「乳幼児には食べさせないでください」と注意書きが書いてあると思います。

 

菌をなくすには

一応高温加熱することで菌は死滅するのですが、これは同時に蜂蜜の主要な栄養素も破壊することになるのでおすすめできません。

 

いつから赤ちゃんにあげていいの?

1987年に厚生省が「1歳未満の乳児には蜂蜜を与えてはならない」と発表をしています。

 

なのでいつからあげてもいいかと聞かれれば、何のため2歳以降にしておいたほうがいいのではないでしょうか。

 

また2歳以上の子であっても蜂蜜を食べて異常が見受けられるようならばすぐに病院につれていったほうがいいですね。

 

ボツリヌス症特有の症状

  • 便秘
  • 筋力低下
  • 泣き声が弱くなる
  • 表情の変化が乏しくなる
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

蜂蜜アレルギーの症状は?
蜂蜜も人によってはアレルギー症状がでてしまう場合があります。今回は蜂蜜とアレルギーに関するお話です。
蜂蜜のボツリヌス菌の症状
蜂蜜に含まれるボツリヌス菌の症状について解説しています。この菌をやむなく吸収してしまった場合どのような症状が現れるのでしょうか。
蜂蜜は犬に与えてもいいの?
ペットの犬に蜂蜜をあげても大丈夫か?という疑問をお持ちの方が多いようなので回答します。
蜂蜜は食べすぎても大して害はない?
蜂蜜が健康に良い理由は散々説明してきましたが、食べ過ぎはやはり注意したいですよね。でも害があるかというと・・・
蜂蜜を加熱すると毒素で出るという噂は本当?
「はちみつの効能.com」では蜂蜜の効能や奥深さを健康・美容・歴史・利用法など様々な観点から紹介しています。当サイトをきっかけに蜂蜜にドはまりする人が増えれば幸いです(笑)

 
トップ 効果 栄養成分 アレルギー 種類 保存方法 食べ方 利用法 養蜂 ミツバチ 巣蜜