蜂蜜の種類と種類ごとの違い

蜂蜜の種類と種類ごとの違い

蜂蜜の種類はどのような基準で分けられているのでしょうか。また種類ごとにどのような違いがあるのかも紹介しています。

 

 

蜂蜜の種類とは

まず蜂蜜の種類はどのようにして分けられるのかというと、何の花を蜜源としているかによって変わってきます。

 

詳細は【蜂蜜の源「蜜源植物」一覧】でも解説していますが、蜜源となる花には本当に色々な種類があって、ざっと挙げられるだけでも

 

  • エゴノキ
  • ミカン
  • キハダ
  • ゲンゲ
  • アカシア
  • ミント
  • ラベンダー
  • ラズベリー

 

などなどたくさんあります。世界中にあるあらゆる花が蜜源になり得るのです。なので蜂蜜の種類は数百、数千種類ともいえるでしょう。

 

それに同じ花であっても気候や場所によって蜜に違いがあるので、味のバリエーションは無限大ともいえると思います。

 

種類ごとの違いは?

蜂蜜の種類ごとにどのような違いがあるのかは疑問に思うところだと思います。

 

具体的には

 

  • 味のまろやかさ・コク
  • 酸味の強さ
  • 結晶化のしやすさ

 

などなどが挙げられます。人によって好みは違ってくるでしょう。

 

料理に使うのか紅茶へ入れるのかによって合う蜂蜜というのも変わってきます。蜂蜜の種類の多様性を知ることでより美味しく蜂蜜を食べることができるようになるのです。

page top