蜂蜜の芳香剤や化粧品利用について

蜂蜜の芳香剤や化粧品利用について

蜂蜜は芳香剤や化粧品としても利用されています。どのように利用されているのか。その歴史や効果を紹介しています。

 

 

芳香剤について

蜂蜜が芳香剤として利用されてきた歴史はとても古く、古代エジプトや中国でも蜂蜜を利用した煉香が使われていました。

 

日本においても蜂蜜を用いたお香は平安時代から使われており、源氏物語のような平安中期の小説にもその記述が見られます。

 

『荷葉の方をあはせたる名香、蜜をかくしほろろげて、たき匂はしたる』

 

蜜というのが蜂蜜にあたります。

 

化粧品について

蜂蜜は化粧品としても古くから利用されてきました。芳香剤と同じく古代エジプト時代から記録が確認されておりパックやローションとして重宝されたそうです。

 

具体的な逸話としては「絶世の美女」として語り継がれるクレオパトラ7世も蜂蜜で化粧をしていたらしいです。

 

また古代ローマ皇帝の妻は蜂蜜とロバの乳を混ぜて作るローションも使われていたそうです。

 

はちみつコスメの効果とは

現代風にいえば蜂蜜の化粧は「はちみつコスメ」なんて呼ばれています。蜂蜜というのは吸水性・保湿力に優れていますので肌につけることで潤いが生まれます。

 

天然成分に近いので化粧品の副作用が心配という人、肌に合う化粧品が見つからないという人は試してみてはいかがでしょうか。

page top