蜂蜜を加熱処理する場合温度に注意

<スポンサードリンク>

蜂蜜を加熱処理する場合温度に注意

蜂蜜を加熱処理する場合の温度の目安について解説しています。何度くらいまでなら栄養素を壊さずに済むのでしょうか。

 

蜂蜜は加熱処理しなくても食べられる

蜂蜜というのは基本的に加熱しなくても食べられます。むしろ加熱をしすぎると、ミツバチ由来の酵素が変質してしまうので、健康効果が半減してしまいます。

 

ですが店頭に売られているような蜂蜜のほとんどは加熱処理がされています。これは水分と飛ばして保存をきかすようにするのが目的です。

 

なので店頭に売られているような蜂蜜はよりも、とれたての蜂蜜のほうが栄養価が高いです。

 

何度までなら加熱しても大丈夫?

加熱しても質が落ちない線引き、何度まで?というのは明確な目安はありません。ですが60度くらいまでは加熱しても問題ないと思います。

 

実際私は蜂蜜レモンを作る時は蜂蜜とグラニュー糖を鍋に入れて60度くらいで加熱しますが、味の劣化はありません。

 

あくまで個人的な実感ですが、風邪や疲労回復に効きますしこのくらいの温度なら問題ないかと思います。

 

ボツリヌス菌は加熱処理できる?

蜂蜜には乳児に有害なボツリヌス菌が含まれていることがありますので、加熱処理すれば食べさせることができるのでは?と考える人もいるかもしれません。

 

確かに100度ほどの高温加熱することで菌は死滅します。ですが、これは同時に蜂蜜の主要な栄養素も破壊することになる上、味も落ちますので奨められません。

 

やはり乳児には食べさせないという選択が一番だと思います。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

蜂蜜の利用法一覧
「はちみつの効能.com」では蜂蜜の効能や奥深さを健康・美容・歴史・利用法など様々な観点から紹介しています。当サイトをきっかけに蜂蜜にドはまりする人が増えれば幸いです(笑)
蜂蜜が肉を柔らかくする理由
蜂蜜は肉料理にもよく利用されます。肉を軟らかくする作用があるからです。どうして蜂蜜に肉を軟らかくする効果があるのでしょうか。
蜂蜜を使った魚の臭みの取り方
蜂蜜を使った魚の臭みの取り方を紹介したいと思います。
蜂蜜やオリゴ糖を砂糖の代用にするメリット
蜂蜜やオリゴ糖を砂糖の代用にすることは色々な面でメリットがあります。
蜂蜜の芳香剤や化粧品利用について
蜂蜜は芳香剤や化粧品としても利用されています。どのように利用されているのか。その歴史や効果を紹介しています。
蜂蜜と砂糖のカロリー比較
蜂蜜と砂糖のカロリーの違いについて比較解説しています。

 
トップ 効果 栄養成分 アレルギー 種類 保存方法 食べ方 利用法 養蜂 ミツバチ 巣蜜