養蜂家になるには

<スポンサードリンク>

養蜂家になるには

ミツバチを飼育し、蜂蜜をつくる養蜂家に興味がある!目指したい!という方へ養蜂家になる方法を紹介したいと思います。

 

養蜂家になるには

ベターな養蜂家になる為の流れとしては、養蜂関係の会社に就職して経験を積み、それから独立という流れではないでしょうか。そうはいっても養蜂家になるための手順は結構シンプルです。

 

  • 知識
  • 場所

 

この二つがあれば会社経験がなくても何とかなります。蜂を育てるのに特別な免許はいりませんからね。

 

ただし勉強が必要です。養蜂家になろうと思い立っていきなりなれるわけはありません。

 

養蜂業の本はたくさんありますから、できるだけ新しいものをたくさん読みましょう。

 

また養蜂業とはいわばミツバチの飼育業なわけですから、ミツバチの生態について把握しておかなければいけないのです。

 

養蜂上の確保について

蜂群を置く場所は蜂さえ集まればどこでもいいというわけではありません。近隣に住宅があり、人がよく通る場合はトラブルに繋がることもあります。

 

そのため大群を飼育するのなら人里離れた場所で多くの時間を過ごすことになるでしょう。

 

また良い場所というのはすでに古参の養蜂家がとってしまっているので、新規参入する養蜂家は養蜂場の確保が難しいのです。

 

儲からない養蜂業界

養蜂家の収入は?】でもお話していますが、この業界決して儲かる所ではありません。蜂蜜が好きで、蜂蜜を作ることに心からやりがいを感じることができる人でないと続けることは難しいでしょう。

 

個人で飼育できるミツバチの数は50群くらいが限界らしいですが、養蜂業で年間300万の所得を得るには300群は必要だといわれています。

 

それだけの蜂を飼育する設備、管理する人材をどうやって確保するのかも考えていかなければいけない問題でしょう。

 

この業界は平均年齢が60歳を超えており、後継者も不足していることから将来的になくなるのではといわれています。これから養蜂家を目指す若い人が増えていくといいですよね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

養蜂家の収入
蜂蜜を生産する養蜂家に興味のある人、養蜂家になりたい人が気になることだと思われる収入について調べてまとめました。
養蜂家が蜂に刺されない理由
「はちみつの効能.com」では蜂蜜の効能や奥深さを健康・美容・歴史・利用法など様々な観点から紹介しています。当サイトをきっかけに蜂蜜にドはまりする人が増えれば幸いです(笑)
養蜂の歴史
養蜂の歴史について解説しています。
養蜂の方法【移動養蜂と定置養蜂】
養蜂の方法を簡単に紹介しています。養蜂の方法でも大きく分類できる移動養蜂と定置養蜂はどのような違いがあるのでしょう。

 
トップ 効果 栄養成分 アレルギー 種類 保存方法 食べ方 利用法 養蜂 ミツバチ 巣蜜